読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みじんこブログ

生き物の話題を中心に幅広い記事を書いています。YouTubeに動画投稿もしています。

スマホに使うフッ素コーティング剤を眼鏡に使ってみた話

iPhone,iPad用に買ったマイクロソリューションのフッ素コーティング剤PRO GUARD™ LFC(LIQUID FLUORINE COAT・高耐久・液体フッ素単分子膜コート材)を持て余し気味だったので、iPhone,iPad以外のものに使ってみるとこれがなかなか良かったという話。

 

 

この製品はもちろんiPhoneに使ってもスベスベになる効果や掃除しやすくなる効果などは持続時間はそんなにないなと内心思いつつも実感はできていたのだけど、塗って放置するのが面倒だったりで少し持て余し気味だった。同じ人はけっこういると思う。この手の製品って新しい良さ気なのモノがあると試してみたくなって、どんどん別のもの買っちゃったりしがちだし。

 

そこでうちで持て余しているこのコーティング剤をなんとなく眼鏡に使ったみた。眼鏡のレンズも本来は様々な機能を持ったコーティングはされているのだけど、どうしても使っているうちにコーティングが剥がれてくる。すると埃や他の汚れが付きやすくなって視界がすぐに悪くなり目が疲れる原因となる。そこでメガネを買うほうが得なのではと思いつつもレンズ交換をしたり、新品のメガネに買い換えたりする。度が合わなくなるということ以外にもコーティングの剥がれをメガネの買い替えのタイミングとしているという人は多いと思う。

 

作業自体はとても簡単。スプレーした後に広げたらすぐ乾くのでそれで終了。拭きムラがでにくい製品なので細いことはあまり気にしなくていい。そしてスマホと違って手で触るわけではないので、何時間は乾燥させないとなんてことも気にしなくていい。メガネに使った結果はどうだったのかというと、まず埃や汚れが付き難くなったのは明らかに実感でき、拭き掃除も汚れが粘らなくなった印象を受けた。まあ帯電防止機能のあるメガネの専用クリーナー使えって話だけど、持て余しているものは有効に使いたい。こっちはコーティングもできるわけだし。

 

そもそもメガネに使っても大丈夫なのかという疑問も大丈夫。

眼鏡レンズ(ガラス、プラスチック)、など様々なコーティングの施された精密な製品にも塗布が可能で「撥油、撥水、皮脂、耐指紋」「滑り性」「汚れの拭き取り性」等様々な効果があります

と商品説明にある通り、もともと想定された使い道のようだ。フッ素コート以外にもiPhone登場前からある同社のクリスタルコートの方も同様にメガネや他の用品にもOKと書いてあり、今更になって知って少し損した気分。

 

高密度ガラス繊維ケイ素系ポリマーコート・クリスタルコート GFGC01 CRYSTAL COAT #01/GFGC0120B

高密度ガラス繊維ケイ素系ポリマーコート・クリスタルコート GFGC01 CRYSTAL COAT #01/GFGC0120B

 

 

Amazonのレビューを見ると様々な用途に使っている方がとても多い。常識なのかな。マイクロソリューション製品とはPower Mac G4の轟音対策以来の付き合いだけど知らなかった。

 

それとこの手のコーティング剤やフィルムに付いているクロスが通常のメガネクロスの3倍もでかい大判でとても良くて、こちらも愛用中。メガネ屋がくれるメガネクロスって小さすぎると前から思っていたんだ。家に何枚も溜まってるから使い放題だ。

 

以上、持て余していたスマホ用品が思いがけずに私のメガネライフを向上させてくれたという話でした。