みじんこブログ

生き物の話題を中心に幅広い記事を書いています。YouTubeに動画投稿もしています。

非接触型電子体温計を2か月間使ってみて

一日20~30人の学生を検温する必要があるため非接触型体温計を導入して二か月。

 

期待せずに買ったものの、調整しなくても測定して出してくる数値は36.4-36.8度の近辺で、微熱がある相手はしっかり液晶の色も変わって警告もしてくれます。まずは非接触型で簡易検温し、熱がある疑いの場合はテルモの普通の電子体温計を使用してもう一度計測しています。その結果はテルモと違いがほぼないので、この非接触型の体温計は正確なのでしょう。日によって測定結果がバラつくこともないです。

 

f:id:water_flea:20200817162042j:image

 

測定時間も短く、おでこに近づけてトリガーを引くだけでとても手軽なので検温がめんどくさくないです。今後は家でも今までの体温計に置き換えて使うのもありなのかなと感じました。同様に感じている方が多いと思うので、今回のコロナを機に世界中の家庭でも導入が一気に進むのではないでしょうか。

 

ただ、この手の体温計は中国から輸入したものをネットに出品するのが流行っているのか、どこのショッピングサイトでも似たような見かけのものが大量に出品されています。需要も高まって大量生産して利益率もいいんでしょうね。

自分が選ぶ際に重要視したのはどこの認証を取得しているのか、です。FDA認証がついている製品が少ないので、FDA認証付きのものを選びました。Yahoo!のショッピングで販売されていたものです。

https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/kukuya/item/JPHG/

 

Amazonの非接触型体温計はレビューや評価があまりついていないか、新規出品のものが異様に多く、なんとなく買いにくかったです。Yahoo!のものは同じストアがずっと同じものを販売していて評価数も多いので安心できました。 

 

Amazon primeで評価がついていて日本の企業が関わってそうなのってこれくらいかな?なぜだろう?できればAmazonで買いたかったのだけど、出品が新しいものばかりなのが不思議。

 

電子体温計はこちら。水銀が伸びてくる昔ながらのものと比べると感動モノなんですが、非接触型に慣れてしまうと使いにくく感じる。慣れというものは恐ろしい。

 

テルモ 電子体温計 予測・実測 ET-C232P