みじんこブログ

生き物の話題を中心に幅広い記事を書いています。YouTubeに動画投稿もしています。

古墳と蒸気霧

ここ最近は早朝に宇和奈辺(ウワナベ)古墳の横を通ると周濠の水から霧が発生していてとても神秘的。この霧は蒸気霧というらしい。発生のタイミング自体は長いものの、霧の発生量のピーク時間はとても短い。眺めているうちにすぐ霧がおとなしくなっちゃう。

蒸気霧 暖かく湿った空気が冷たい空気と混ざって発生する霧。冬に息が白くなるのと原理は同じ。暖かい水面上に冷たい空気が入り、水面から蒸発がおき、その水蒸気が冷たい空気に冷やされて発生するもので、実際は冷たい空気が暖かい川や湖の上に移動した際にみられる。風呂の湯気も原理は同じで、北海道などの川霧が代表的なもの。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%A7


IMGP2572


ちなみにこの古墳は誰が埋葬されているのかは不明らしい。かなり大きな古墳で、この地域にはこの他にも古墳が密集しています。今でこそ森のような姿ですが昔はどんな光景だったのでしょうね。視界を遮る建物も少なかっただろうし、いろんな古墳が一望できたのかな。